人生は日々勉強ですね。年齢を重ねながらも、いつでもいろんなことを学び、勉強を続けて行きたい、そんな私が日々感じたことを書いた日記やお勧めの本などのお話です。OZの夫と2人のかわいい息子とともに、オーストラリア在住
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - -
風邪を引きました〜
ステファン・ボール
フレグランスジャーナル社
¥ 2,520
(1999-11)

最近なかなか更新をしていませんが、コンピューターをつけるとだらだらとインターネットを見てしまうのでIpodでメールだけを簡単にチェックするようにしていたので、すっかりブログからは遠ざかっていました。
ネットをだらだらみるのなら、その時間を利用して当分は読書に励もうと思って、せっせと本を読んでいます。

そこで最近読み終わった本がこちらです。
まず初めに人見ルミさんの本を読み、そちらに紹介されていたホ・オポノポノの本を続けて読みました。

人見さんの本は、インドに行っていたころを懐かしく思いながらも、これからもヨガを続けていこうとモチベーションが高まりました。
自分の心の在り方を見つめなおすとても良い本です。

ホ・オポノポノは、結構最後のほうまで半信半疑で『え〜???もしかしてこれは何かを買わなくてはいけないとかそういった類のものなのかな?ちょっと怪しいのかな?』なんて、思いながら読み進めてしまいましたが、そんなことはなく、読み終わったらなんともいえないいい気分になって、それ以来自分を浄化するという『ありがとう、ごめんなさい、許してください、愛しています』を思い出してはつぶやいています。

効果はまだわからないけど、自分の気分が変わっているのは確かです。まあ、私の気分にも波があって今の時期は比較的気分が良くなる時なのですが、生理前とかになると、ど〜んと気分が落ち込みやすいので、そんな時にどんな変化が現れるのかちょっと楽しみです。

それと平行して今試しているのが、バッチフラワーレメディです。
名前は聞いたことはあったのですが、どういうものかぜんぜん知りませんでした。
でもなぜか札幌に帰ったときに大きな本屋さんでこの本を見かけてどうしても読んでみたくなって購入しました。
それでもしばらくつんどきっぱなしだったのですが、最近思い立って読み始めました。
この本はバッチフラワーのコースを受ける時に教材として使われているようなので、練習問題が多く、『こんな時にはどのレメディーがいいのでしょうか?』といった問いが繰り返しかかれていて、その問題を問いているうちにレメディーをどんどん覚えていくっといった内容です。問題の間にバッチ博士についてのお話も盛り込まれています。
バッチフラワーレメディーというのは、自然のお花のエネルギーをお水に移されたものを飲用し、自分の精神的に弱いところを克服していくといったものです。

バッチ博士によると、あらゆる病気は自分のメンタル面から発生しているのでそのメンタル面を強化させていけば、病気の予防や、治療の助けにもなるそうです。

クリスタルとかエンジェルカードとか、結構何でも信じているので、私にとってはこのバッチフラワーはとっても興味があり、早速よさそうなものをいくつか近くのお店で購入してみました。

私がまず試したのは、「オリーブ」と「ホワイトチェストナット」そして「レスキューレメディ」です。
オリーブは疲れ(疲れにもそのタイプによっていろいろなレメディーがあるので詳しくは本を読んでください)、ホワイトチェストナットは同じことを何度も繰り返し、いつまでも考えてしまう時によいそうです。私は良くそんなことがあってそれでだいぶエネルギーを消費してしまうので、これはいいと思って試しています。

レスキューレメディーは基本のレメディーのようで、飛行機に乗る時には良いとどこかで見たので、一緒に試しています。
効き目のほうはどうかというと、すごく効いていると思います。
気分がとてもよくなっているような、ヨガで言えば今に在る状態でいられるきがします。

これから、ちょくちょくいろんなレメディーをそろえてみたいです。

なんだか気分が鬱々としていたので、知らず知らずのうちに立て続けにこういった本を読んで気分を向上させようと努めていたのかな。
気分は良くなったのですが、体のほうが疲れているのか、風邪を引いてしまいました。
日本滞在のときに暑いのでホテルのお部屋でエアコンをかけっぱなしで寝てしまって、それで一気に来てしまいました。
周りに風邪を引いている人もいたし…。

これから4連休なので無理しないでゆっくりしたいです。

おやすみなさい〜。







22:27 スピリチュアル comments(0)
スポンサーサイト
22:27 - -
comment
send



/PAGES